喜ばれる新築内祝い【感謝の気持ちを贈ろう】

役立つ情報を確認

早めに行いましょう

男性

新築の家を購入すると、親戚や友人などから新築祝いをしてもらうことがあります。この際には、新築内祝いを行う必要が出てきます。一般的に新築内祝いは頂いた金額の半額程度を目安に考え、贈る際にはのしの水引は蝶結びを利用します。昔ながらの新築内祝いは建物が完成したことに由来して、カップやグラスなどの入れるものを贈る文化がありました。また、家を焼かないといった意味からヤカンや鍋を贈る人もいます。それ以外にはもらっても困らない消耗品のタオルやカタログギフトなども人気です。新築祝いはそもそも新築の家のお披露目の意味がありました。家を建てた後に家にもてなして、食事やお酒を振舞うのが古くからの風習でした。その際に頂いたお祝いに対して、新築内祝いを行うのがマナーです。内祝いを行う時期は新築祝いを頂いてから、一か月以内に新築内祝いを行うことが大切です。あまりにも期間が開いてしまっては失礼に当たるため注意が必要です。自宅には来て頂かなかった方であっても、新築祝いを頂いた場合には同様に新築内祝いを行いましょう。自宅に招いてお祝いをしていただいた場合には、新築内祝いの他に帰る際に引き出物として、お菓子などを渡す家庭もあります。これらはそれぞれの家庭の文化に準じた方が失礼がないといえます。また、新築内祝いにメッセージを添えす際には、お返しという言葉を使わないのがマナーであり、注意すべき点です。正しい知識で新築内祝いを行いましょう。

贈る時にもマナーがある

一軒家

新築住宅を購入した場合には、新築祝いをもらうことがある。親戚や友達、会社関係の人など交友関係などにより様々なものをもらうケースがある。これらの新築祝いをもらった場合に、行わなければならないものとして新築内祝いがある。新築内祝いでは、新築祝いのお返しを返すことであり、マナーがある。新築内祝いのマナーとして、新築祝いをもらってから1カ月程度の間にお返しを贈るということがある。但し、新築購入時では引っ越しなどあり忙しいことも多いため、できる限り期間を空けず新築内祝いを贈るということが重要である。また、新築内祝いでは自宅でのお披露目会に出席してもらった場合には、それにて代用できるということもある。新築住宅に引越した場合、自宅に親戚や友人などを招きお祝い会を行うことがある。このような会を開きもてなしをした場合には、それをお返しとするということもある。これらのお祝い会に出席できない人や、遠方などにより呼ぶことが難しい場合にはお返しとして内祝いを贈ることがマナーとなっている。新築内祝いを選ぶ場合には、お祝いとしてもらったお金や物品の半額程度のお返しを贈ることがマナーとなっている。新築内祝いを選ぶ場合には、相手の趣向などを調べた上で贈ると喜ばれる可能性が高い。どのようなものを贈るか迷う場合には、カタログギフトを贈り選んでもらうことも方法としてある。食品を贈る場合には、日持ちするものを贈るといったことが考慮としてある。

お返しとしても贈る

家族

新築内祝いとは、新築を建てたときに頂いたお祝いに対するお返しのことです。本来の意味と目的は、家を新築したときに周囲の人に幸せをおすそ分けするというものでした。家を新築してから1〜2ヶ月くらいにお披露目会を開き、家に知人や親戚、友人、近所の人などを招待します。その際に用意するお酒や食事と、1000円くらいのお土産が本来の新築内祝いです。その際にさらに高額なお祝いを頂いたときは別途品物を贈ることもありました。現在は、こちらのお返しという意味合いが強くなっています。ですが、本来的な意味とは違うため、お礼状にも「お返し」という言い回しやニュアンスは含まず、「心ばかりではありますがお贈りします」というように記載するのが正式です。新築内祝いを選ぶときは、金額相場と品物、熨斗に注意して選びましょう。金額相場は、頂いたものの半額から三分の一程度が相場です。あまりに高額なときは値段にこだわらず、しっかりと感謝の気持ちを伝えるのが重要です。品物は、タオルや洗剤、お菓子やコーヒーといった消耗品が良いでしょう。家という入れ物が完成したことにちなんで、お皿やコップという入れ物を贈ったり、「家を焼かん」というダジャレでやかんを贈ったりすることもあります。カタログギフトも新築内祝いとして好適品です。熨斗は何度あってもいいお祝いに使う蝶結びの水引がついたものを使います。上段に新築内祝いと書き、下段に家主の名前を書きます。親と同居しておりお金も出すときは両方の姓名を書き、親の姓名が右側にきます。