喜ばれる新築内祝い【感謝の気持ちを贈ろう】

素敵な記念になるために

心のこもったプレゼント

お花

二人の門出を多くの人に祝っていただく結婚式のときに、両親へ記念品を贈るという方もおられると思います。もちろん結婚式の最中ではなく、それより先に、あるいは結婚式が終わってから改めて送られる方もおられるかもしれません。両親への記念品としてはどのようなものが送られているのでしょうか。今まで育ててくれた両親への記念品としては、以前は花束贈呈が一般的に行われてきたようですが、現在はサプライズ的に、記念品を贈ることがあり、様々な趣向を凝らした贈り物が考えられています。例えば、自分が生まれたときの体重で作られたウエイトドール、結婚式関連あるいは育ててもらってきた間の写真をまとめたフォトフレーム、メッセージなどがラベルに書かれたお酒や、手作りギフトなどです。一般的に両親や目上の方に送るのにタブーとされるものや、結婚祝いにNGとなるプレゼント以外であれば、これを贈るべきだ、という決まりはありません。もちろん記念品は、ものである必要はなく、旅行券や食事券という形で送る方もおられます。大事なことは、どのくらい高価なものか、何を贈るか、というよりもむしろ、新しい二人の門出に際して、今まで育ててくれた両親への感謝を表すためのプレゼントであることが重要であると思われます。もちろんただ送るだけではなく、メッセージや感謝の手紙などを添えて送ると、気持ちが伝わりやすいと思います。こういった機会でないとなかなか両親へ改まって感謝の気持ちを表すことは難しいと思います。恥ずかしいから、泣いてしまうから、と言って遠慮するのではなく、結婚式という特別な機会を利用して、素直な気持ちで両親への感謝を伝えることができれば、素敵な結婚式になるのではないでしょうか。

心のこもったプレゼントを

教会

あなたは結婚式で、これまでお世話になった両親のために何を送りますか。結婚式の山場の一つといえば、やはり両親への感謝の気持ちを伝える場面ではないでしょうか。楽しい友人の余興や新郎新婦の馴れ初めなど楽しいことの後に、花嫁からご両親への感謝の気持ちを伝える場面では多くのゲストが涙する一番印象に残る場面です。心のこもったメッセージと共に、ご両親に贈りたいのはなんでしょう。よく選ばれているものは、その結婚式の記念品として残せるフォトフレーム付きの時計やボードがあります。そのほか、記念品として残せるものに、ご両親が日常で使用する箸や湯のみなどに新郎新婦の名前の入ったものなどがあります。これらご両親への贈り物であり、結婚式の記念品の種類はさまざまで、フラワーがあしらわれたフォトフレーム、小さいころからの写真を沢山飾ることのできるフォトフレーム、時計に写真を入れられるものなど数多くあります。箸や湯飲みもとても高級感がある素敵なデザインのものが多く、新郎新婦の名前を入れられるだけでなく、素敵な感謝状も一緒に送ることができるものなどご両親に喜んでもらえるものが多くあります。これらの相場は10000円から15000円と少しお高めですか、普通の記念品とは違い、一生に一度の特別な日に感謝の気持ちをこめて贈るものなので、心のこもったプレゼントは時間をかけてじっくりと選びたいものです。きっと、ご両親はいつまでも大切に使ってくれるでしょう。

通販もおすすめ

おもちゃ

結婚式では、両親への感謝の気持ちを示すために記念品を贈るのが最近の通例になっています。一昔前までは手紙と花束が定番でしたが、最近は両親の好みにあわせてきちんとした記念品を贈る人が大半です。結婚式のときに両親に贈る記念品は、記念となるものや、感謝の気持ちを伝えるもの、両親に喜ばれるものといった観点で選ぶことが多いです。結婚式は人生の大きな節目であり、新たな家族を得るという点で親からの自立といえます。これまで育ててくれた感謝を示すために、産まれたときの体重にしたウエイトドールや、体重米、これまでのフォトアルバムなどを贈るのも人気です。また、それとは別に喜んでくれるものを記念品として贈る人も多く、確実に喜んでくれることが多いため人気があります。母親と父親のそれぞれの好みに合わせて贈り分けることもありますし、旅行券などといった形で二人に贈ることもあります。これは本人の考えとそれぞれの親の性格にもよるので、人の意見も参考にしつつ自分たちなりに考えれば良いでしょう。結婚式の記念品を購入するには、デパートなど実店舗で買うという方法と、ネットや通販で買うという方法があります。実際にものを贈るときは実店舗で品物を確認してからの方がよいですが、ウエイトドールなどは通販でないと逆に頼めません。また、同じ品物でも通販の方が安いことが多いので、品物がわかっているのならば実店舗で確かめてから通販で購入するのもおすすめです。