喜ばれる新築内祝い【感謝の気持ちを贈ろう】

親への感謝をこめて

贈り方のポイント

手

結婚式の披露宴で新郎新婦の両親へ感謝の気持ちとして記念品を渡すことがあります。結婚式の中でもクライマックスの感動シーンとなるだけに、このイベントは大切にしたいものです。記念品として選ばれるものとして最も多いのが花束です。結婚式の打合せ時において両親へ贈る花束についてスタッフから聞かれることが多く、それほど花束は両親への記念品として一般的になっております。ただ花束は大きく持ち帰りに不便という側面もあるため、最近では比較的持ち帰りやすいブリザードフラワーを選ぶ人が多くなっています。花束以外の記念品ではウェイトドールも人気のある記念品です。生まれたときと同じ重さの世界で一つだけのぬいぐるみで、両親への記念品としてだけではなく、ウェルカムドールとして招待客をお迎えするなど様々な用途で使用されます。このほか植物や似顔絵といったものも記念品として選ばれることもあります。金額としては概ね2万円程度としているものが最も多くなっています。しかし花束にせよ、ぬいぐるみにせよバリエーションが豊富にありますので、それにより価格は変動します。いずれにせよ貰って喜ばれるものを選ぶことが重要であることは言うまでもありません。あくまでも感謝の気持ちという趣旨ですので、あまり高価すぎるのも記念品としては相応しくありません。クライマックスを演出する貴重なアイテムですので、十分に検討して思い出深い結婚式にしたいものです。

置き時計の贈呈品

時計

昨年、結婚式を挙げました。準備作業は知り合いから聞いていた通り、色々と配慮しなければならない事が多く、準備期間を振り返るとひたすらに大変だったなと思います。意外と最終決定するまでに時間が掛かったのが、引出物と両親への記念品でした。前者は、御参列の方の荷物になりにくい物、かつ普段の食事に併せて使い易いものであろうという物が良いという判断から、お茶漬けに決めました。御参列の方からも、「手軽に食べられる物で良かった」、「なかなか奇抜な引出物だったけど、結婚式で貰ったものは対処に困るものが多いので有り難かった」等の感想をいただいております。後者は、カタログを眺めていた当初は生まれた時と同じ体重の縫いぐるみ等が定番なので、我々もそれにすべきかなと何となく考えていました。しかし、あまり好きなキャラクターの縫いぐるみがラインナップになありませんでした。そこで、家のどこに置いてもあまり困らず、持ち帰る時に嵩張らないという点から置き時計に決定しました。両方の両親に喜んでもらえた記念品だったので、選んで正解だったなと思います。結婚式から一年近く経ちますが、実家の両親の目の届く所に鎮座して時間を刻んでいます。両親への贈呈品は記念品としての側面が強いと思いますが、我々のケースのように機能面等も考慮して品定めをするのもありではないかと思います。また、どうしても決める事が出来ないという場合には、両親に直接、結婚式の記念品は何がよいかと聞いてみることも一つの手段です。

プレゼント選びのコツ

贈り物

結婚式では、両親に感謝の気持ちを込めて記念品を贈りますが、どんな品を贈ればよいのか、価格の相場はどのくらいなのか迷う人もいると思います。まずは相場ですが、一般的に2万円ほどと言われています。これは一つの家庭につき2万円なので、新郎新婦の両家へ記念品を贈ると、合わせて4万円ほどになります。では具体的にどんな品を記念品として渡すかというと、一つは「家族としての記念に残るもの」です。例えば結婚式で両親と一緒に撮った写真を飾れるフォトフレームなどです。家族であることを感じられる品なら両親も喜んでくれるはずです。その他には、「子供だからこそ知っている、両親の好きな物」も喜ばれる品の一つです。両親の趣味、好きな物、欲しがっている物などをプレゼントしましょう。両親にとっては、単に好きな物を贈られるというだけでなく、子供だからこそ知っている品をプレゼントされることで「より自分の子供であること」を強く感じられます。また最近では記念品だけでなく花束も一緒に渡すことも増えています。花束が添えられることで、結婚式もより華やかになってきます。最後に、両親への記念品を手渡すタイミングですが、記念品贈呈の際に手渡すとスムーズに行えます。両親へのこれまでの感謝を伝えることは、結婚式の感動的な場面の一つです。感謝の気持ちと共に記念品を贈れば、記念品に込められた新郎新婦の想いもより伝わることになり、感動的な結婚式となるでしょう。