喜ばれる新築内祝い【感謝の気持ちを贈ろう】

新築祝いにはお返しを

お招きあるいはギフトで

家

マイホームを新築した場合、親族や友人・知人などからお祝いをいただくことがあります。こうしたお祝いに対しては、お返しをするのがマナーとなっています。これを新築内祝いといいます。新築内祝いは、もともとは新居の披露を兼ねて親しい人や近隣の人を招いて饗応するというしきたりでした。現在でもこの考え方は残っており、お祝いをいただいた方々を新居に招いてもてなすのが新築内祝いの基本となっています。ただ、招くことができなかった人がいる場合や、住宅事情等によりお披露目会ができなかった場合などは、ギフトを贈ることによって感謝の気持ちを表します。新築内祝いを贈る時期に特別な決まりはありませんが、引越し後おおよそ1〜2か月後までには済ませるのが良いとされています。なお、お祝いを直接いただいた場合は別ですが、そうでない場合は内祝いとは別にできるだけ早い時期に電話等で感謝の言葉を伝えておくようにします。予算については、他の内祝いと同様「半返し」すなわちいただいたお祝いの半額程度が相場となります。ただ、特別高額な品物をもらうこともあるので、おおよそ3分の1〜半額程度を費用の目安とします。品物については、一般的な縁起物のタブーに抵触しない限りで何を贈っても構いません。人気があるのはタオル・石鹸・キッチン用品などの定番ギフトです。食べ物の場合は日持ちのする物を選ぶようにします。最近は予算に応じて相手の好きな物を選んでもらえるカタログギフトも喜ばれています。

美味しく食べられるもの

ウェディングケーキ

新築内祝いは、新築祝いをいただいた人へのお返しで、お祝いをいただいてから1か月以内にお返しするのが習わしです。新築祝いに何を贈るかには、特別な決まりごとはありませんが、家族みんなで使えたり食べられたりするものを選ぶ人が多いようです。最も選ばれるものとしては、洗濯洗剤やキッチン用洗剤、タオルの詰め合わせなどの日用品で、どこの家庭でも必ず使用するのでハズレがありません。たくさんあっても困らず、誰にも喜ばれる新築内祝いと言えるでしょう。また、フルーツジュースや洋菓子、和菓子など、みんなで美味しく食べられるものが選ばれるのも特徴です。夏なら、ゼリーや羊羹、冬ならケーキなど、季節に合わせたスイーツなどが選ばれる傾向があります。特に、子供のいる家族への新築内祝いとしてはぴったりのお返しと言えます。そして、消耗品ではなく形が残るものを贈りたいとして、グラスやお皿、小鉢などが選ばれるのも特徴です。贈る人の好みに合わせて選ぶ楽しみもあり、心を込めて選べるというメリットもあります。新築内祝いの金額は、いただいたお祝いの金額によって変わりますが、5000円から1万円の商品が最も選ばれています。新築内祝いは新しい家にみんなを招いて、お披露目をするのが正式な方法となります。しかし、時間や場所的な都合でなかなか難しいため、内祝いを返して感謝の意を表明します。相手に喜ばれる新築内祝いを贈り、新しい家でのスタートを素晴らしいものにしましょう。

感謝を伝えたいお返し

会場

新居の完成は人の人生にとって大きな出来事です。職場の部下や友達を新居に招待した際は新築祝いをもらうことになりますが、必ずお返しを用意しましょう。新築内祝いは感謝の気持ちを込めて高価なものをプレゼントしたいと考えがちですが、金額は頂いた新築祝いの半額や三分の一に抑えます。マナー違反にならないように注意しましょう。新築内祝いで良く選ばれるのが飲食品です。こうした品物は五千円以下でも高級感があるものが手に入るのが魅力的です。また残る品物よりも気軽な気持ちで相手に受け取ってもらえます。新築内祝いに使いやすい飲食品と言えば、コーヒーの粉や調味料です。こうした品はすぐさま開封しなくても消費期間が長いため傷みません。また多くの人が口にしやすいため、好き嫌いを考えずにプレゼントしやすい品でもあります。もしすぐさま開封してもらえるようであれば、調理が必要ではない食品を贈りましょう。特にお菓子は大人だけでなく子供達とも楽しく食べてもらえますので、新築内祝いとして使い勝手の良い品です。また洗剤や油はどのような家庭でも使う消耗品ですから、贈る上で間違いのない新築内祝いなのです。こうした新築内祝いの他にも多くの人達から愛用されているのがカタログギフトです。カタログギフトは食品から雑貨までジャンル分けされているものがあります。こうした新築内祝いであれば相手の趣味や食の嗜好が分からなくても安心してプレゼントできるのです。